COLUMN/コラム

2016.06.15

文章を書くのが苦手な方へ

こんにちわ。たけうちです。
いざホームページを制作することになったけれど、こんなに沢山テキストデータが必要なんですか?
文章を書くのはあまり得意ではないのですけど・・・。
という声をよく耳にします。

ホームページを制作する際には、SEO対策を意識して、テキストデータ(文章)を意識的に入れています。
その為に、プロフィールの文章や商品の説明等、お客様に文章の作成をお願いすることがあるのです。
でも、文章は苦手だし・・・と困ってしまうこともあるのではないでしょうか。

実は・・・私もそんなに文章を書くのが得意ではないんです。
でも!文章を作る工程を少し工夫するようにしたら、文章を書くのがスムーズになった気がします!

今日はまとまった文章を書くのが苦手な方へ、おすすめの文章の作り方をお伝えしたいと思います。

①文章のアウトラインを決める

書くテーマが決まったら、まずは文章のアウトラインを作ります。
何をどのような順番で書いていって、どんな結論に達したいのか、各項目の仮タイトルを箇条書きのようにして書いていきます。
アウトラインを決める際には、文章が起承転結になっているかどうかも注意して仮タイトルをつけていくと分かりやすいです。


②アウトライン沿って文章を書いてみる

全体の流れが決まったら、仮のタイトルに沿って文章を書いてみます。
出来るだけこの段階で止まらないように、勢いでまず書いてみるのがおすすめです。
そして、この段階ではあまり難しい言葉は使わず、自分の言葉で書いていくのがより良いかと思います。

もし、この作業も「ちょっと苦手!」という方は、更に細分化して書いていくことがおすすめです!

手順としては、
  • (1)書きたいことを単語でも良いので細切れにして書き出す
  • (2)それを話す順番に並べてみる
  • (3)前後のバランスを考えて、言葉で繋いでいく
という流れです。
文章が上手く進まない理由としては、書きたいことを整理できていないという可能性もあります。
単語を並べる事で、書きたいことが整理でき、自分の持っていきたい方向へ繋げていけるのですね!


③前後の文章を考え、形を整える

仮タイトルに沿って文章ができたら、全体のバランスがとれるように形を整えていきます。

この時に注意したいポイントは下記が挙げられます。

  • 前後の文章と繋がっているかどうか。
  • 文章が長すぎないかどうか。 長すぎる場合は、1つの文章を2つか3つに分けるとより読みやすくなります。
  • 不要な文章はないかどうか。できるだけ読みやすくするために、内容が被っている箇所等を省いていきます。
始めにザックリと文章を書いているので、この工程はとても重要になります。
また、ブログを書く場合は、タイトルの装飾や画像を挿入し、見た目を整えることも大切です。


④内容をチェックする

最後に出来上がった文書を何度か読み、全体のバランスや文章の内容などおかしなところがないかチェックします。
これで終了です。

いかがでしょうか?
文章が苦手!という方は、ぜひ一度お試し頂けたらと思います◎

20160615

コラム一覧

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

この記事を書いた人Who is writen blog

Takeuchi Atsumi / Director

お客様のよき伴走者であれるよう、一生懸命考えます◎ご相談から制作後のサポートまで。気軽にお声がけください。