長野市・松本市・上田市 ホームページ制作・WEBデザイン・通販サイト制作・名刺・チラシ・パンフレット・リーフレット・DM制作

お問合せはこちら

お問合せフォーム 無料見積フォーム

長野|026-217-2184
松本|0263-87-7486

初心者のためのデザイン日誌18

Posted:2017.01.17 | Category:

以前上司からデザインの素人とプロの差は文字の扱いで出ると聞いたことがあります。デザインの美しさやフォント選びも大切ですが、基礎に則って文字組みをおこなうことはデザインを行ううえでとても重要です。気をつけるポイントは多数ありますが、最低限のことだけでも注意すれば、今より格段に文字を美しく見せることができます。

今回は、必ず知っておきたい文字組みの基礎ルールについてお話したいと思います。



文字組みの基礎テクニック

ひらがな、カタカナは原則詰める

文字の形式に応じて調整する必要があります。
漢字の場合は、文字間を調整することなくベタ組みしても問題ないことが多いですが、ひらがな、カタカナの場合には原則、詰め、隣り合う文字との余白を少なくします。
理由は、漢字に比べ、ひらがなやカタカナの余白が大きいためです。

漢字と並べた時に余白がある分、間延びしたように見えてしまいます。
特に、タイトルを書く際、短い文章を大きく表示する際に違和感が目立ってしまいがちですので注意が必要です。



記号は適度に詰める

忘れがちな記号も適度な感覚に詰めることで、よりプロっぽいデザインに仕上がります。
、・「」。といった記号はひらがな・カタカナ同様に横に余白が生じてしまいますので文字間の調整が必要です。
タイトル、見出しで大きく扱う際、隙間があると特に悪目立ちしますので、全体のバランスを見ながら適切な余白に整えます。



助詞は一回り小さくする

文章にメリハリがないと感じた時の一つの対策として、助詞を一回り小さくするという方法があります。
助詞とは、「は」「が」のような、単独では使わない、他の語に付属し意味を付加したりする言葉のことです。
例えば、「今日は晴れ」という文章の場合「は」が助詞となりますので、その他の文字よりも少し小さくすると抑揚をつけることができます。

この時、小さくした助詞は左揃えの場合は下寄せ、中央揃えの場合は真ん中揃えにするのが定番です。
また、「ファイト」の「ァ」のような小さい文字についても助詞と同じように小さくすると、さらに美しい見た目に仕上がります。



括弧は一番細いフォントにするとスマートになる

括弧の取り扱いについてです。
雑誌、広告の大見出しを見るとよく分かりますが、括弧だけが細いことがほとんどです。
括弧に細いフォントを使用すると、スマートで上品な仕上がりになります。

この時、始まりと終わりの括弧のベースラインにも気をつけるとさらに見た目のクオリティを上げることが可能です。
また、括弧に細いフォントを使ってみていまいちだったり、あまり細くない場合には、Photoshopのツールを使って1pxの線で括弧を作るという方法もあります。



単位には少し小さいフォントを選ぶ

「○○円」といった単位を含む文字を普通に組んだ場合、数字の方が「円」より小さく見えていまいちな見た目になってしまいます。
単位の入った文字列では、単位の箇所のフォントサイズを約1/2から2/3に抑えると、見やすくバランスのいい文字列になります。
この時、ベースラインがずれないように他の文字と合わせて調整が必要です。

逆に、数字だけを極端に大きくして強調するということも可能です。
スーパーの広告が参考になりますので、一度見てみましょう。



文字をゆがめない

文字が読みにくくなる原因の一つが、文字がゆがんでいることです。
はっきりとした書体であっても、横や縦に伸ばして本来の縦横比を崩してしまうと読みにくくなってしまいます。

もちろん、見た目の良さにおいてもゆがんでいない文字のほうが美しいのは当然です。
文字のサイズを変える際に、縦横比を保ったままにしないと文字がゆがみますので注意が必要です。



英文、和欧混植の文章ではフォントに注意する


日本語文章の中に英文を使う場合には、フォントに気を配る必要があります。
メイリオ、ヒラギノ角ゴといった定番フォントにおいては和欧混植しても美しく見えるようにデザインしてありますが、中には英文を書くと可読性が悪くなるフォントがありますので、面倒ではありますが英文部分のみ欧文フォントを使うのがベターです。

和欧混植に向く日本語フォントである場合にも、英文は欧文フォントのほうが美しく仕上がります。
日本語フォントと欧文フォントを組み合わせる場合には、雰囲気・サイズ・大きさが似ているデザインのフォントを選ぶと違和感のない見た目になります。



全角、半角をしっかり区別する

基本的なことですが、案外見落としてしまうのが全角、半角の区別です。
特に、数字・英語・記号・カタカナを使う際に、表記がばらばらになっているということは少なくないので注意が必要です。

全角、半角どちらを使うか予め決めた上で、表記を統一する必要があります。
ちょっとしたことではありますが、表記を揃えると格段に見た目も良くなり、可読性も上がります。



ホワイトスペースに考慮する

文字と文字の前後だけでなく、文章の余白にも注意をすることが重要です。
文字の余白であるホワイトスペースの取り方にはある程度ルールがあり、字間の余白は行間より狭く、行間の余白は段落の間よりも狭い必要があります。
これさえ守れば、きちんとしたホワイトスペースを確保することが出来、読みにくい文章になってしまうことを防ぐことができます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest

長野市ホームページ制作・WEB制作ならアプリコットデザイン
WEBサイトをはじめ各種グラフィックデザインも対応しています★

株式会社アプリコットデザイン

[長野オフィス]
長野県長野市中御所岡田町126−4 総合設計社ビル1F
TEL.026-217-2184

[松本オフィス]
〒399-0036 長野県松本市村井町南4-12-26
TEL.0263-87-7486

この記事を書いた人Who is writen blog

Hashiba Mao /

CATEGORY

事業紹介Business Overview

WEBホームページ・通販サイト等

GRAPHIC&PROMOTIONグラフィックデザイン&プロモーション

トピックスTopics

ホームページや販促物を
ただ作る事が目的ではありません。
大切なのはその先

例えばホームページ。ただ作るだけなら、時間と労力をかければ誰にでも作れます。私たちは、作ってからの運用・運営の事を考え、使い勝手の良い効果のあるホームページをご提案いたします。
作ってからが本当のはじまり。一緒に効果のあるホームページを作りましょう。例えばチラシ。ただ作るだけなら誰にでもできます。私たちは、デザインだけに終わらない、これまで蓄積してきたノウハウを活かしたチラシを制作させていただきます。長野市・松本市でホームページ制作やグラフィックデザインはお任せください!

read more

日本全国「高品質&低コスト」で承ります

アプリコットデザインは南は沖縄、北は北海道、さらには海外のお客様まで
日本全国、世界各国制作対応しております。
弊社は長野県長野市に位置しますが、格別遠方でない限り一度お会いさせていただきお互いの顔を知ったうえで円滑にお仕事を進めていける様にしております。
広告代理店を通さない製造直販。ほぼ外注に出さずに社内で対応ができるため低コストで対応することが可能となっております。
デザイン会社というと敷居が高く高いイメージがありますが、もっと気軽にデザイン会社を利用してもらいたいという想いを価格に反映しております。

read more

お問合せContact

メッセージMessage

トータルデザイン会社アプリコットデザインです。 長野市を中心に須坂市・千曲市・上田市・東御市・佐久市(軽井沢町)・松本市・安曇野市・塩尻市近郊のホームページ(WEB)制作・ネットショップ開業支援(製作・作成)・名刺やパンフレット・チラシ・DMなどのグラフィックデザイン・ブランディングをお手頃な価格で承っております。 時代はWEBを中心とした集客方法に変わってきています。しかしながら印刷物(チラシやパンフレット)、紙の広告媒体も決してなくなる事はない重要な販促物であるという事は、この先もしばらくは変わらないかと思います。 トータルデザインカンパニーのアプリコットデザインはグラフィックデザイン(名刺・チラシ・パンフレット・DM・スタンプカード・紹介カード)からホームページ制作・ネットショップ製作まですべて自社内で製作ができるので、一貫してご依頼を頂く事ができ、その分コストや時間の削減にお役立ていただけます。 特に新規開業(新規開店・会社設立・事業開始)される方に多くご利用いただいております。 ロゴの作成からWEBサイト製作まですべて一社で完結するので、忙しい開業準備されている方や、開業初期の会社・お店様に喜ばれています。 弊社では大手の企業様とのお取り引きはありません。なぜなら、代表中村の他のデザイナーとはちょっと変わった過去の経験(個人店経営等、詳しくはプロフィールをご覧ください)から、アプリコットデザインのコンセプトとして中小企業や店舗の方に利用していただきたいという強い想いがあるからです。 圧倒的に中小企業や個人店舗の割合が多い事もそうですが、大手の企業様にないきめ細やかなサービスや斬新なアイデアを一緒に形にしていくことで、地域・日本を元気に盛り上げる事ができるのではと考えます。 特にインターネットを使ったホームページやネットショップは基本平等に大手様と肩を並べる事ができます。だからこそ中小企業や店舗の方に利用していただきたいコンテンツです。 しかしながら、デザイン会社というとクオリティは良いが価格が高いというイメージが蔓延していてます。そこで弊社では価格をシンプルに安く設定する事で、気軽に利用しやすい環境を目指しています。 お客様の中には逆に安すぎて大丈夫?と不安視される方もいらっしゃいますが、一度ご利用いただくと、コストパフォーマンスの良さを実感していただけるのではと思います。 アプリコットデザインは長野市を中心に、須坂市・千曲市・上田市・東御市・佐久市(軽井沢町)・松本市・安曇野市・塩尻市近郊など長野県内幅広く対応しています。 また、全体のお客様の半分は県外(東京・埼玉・神奈川・大阪)で、北は北海道、南は宮崎県まで様々な業種のお客様がいらっしゃいます。 何事も簡略化され、連絡もメールで済み、コミュニケーションがとりずらい今の時代ですが、弊社ではなるべく遠方のお客様でも一度お伺いしてお打ち合わせをするよう心がけております。長野市・松本市だけでなく、全国対応も可能です。一緒にブランディングしていきましょう!

長野市・松本市・上田市ホームページ制作・グラフィックデザインpagetop