長野市松本市上田市ホームページ制作アプリコットデザインお問合せ

長野市・上田市・松本市・塩尻市・安曇野市でホームページ制作(WEBサイト制作)ならアプリコットデザイン

BRAND LIST

BLOG

初心者のためのデザイン日誌18

Posted:2017.01.17 | Category:

以前上司からデザインの素人とプロの差は文字の扱いで出ると聞いたことがあります。デザインの美しさやフォント選びも大切ですが、基礎に則って文字組みをおこなうことはデザインを行ううえでとても重要です。気をつけるポイントは多数ありますが、最低限のことだけでも注意すれば、今より格段に文字を美しく見せることができます。

今回は、必ず知っておきたい文字組みの基礎ルールについてお話したいと思います。



文字組みの基礎テクニック

ひらがな、カタカナは原則詰める

文字の形式に応じて調整する必要があります。
漢字の場合は、文字間を調整することなくベタ組みしても問題ないことが多いですが、ひらがな、カタカナの場合には原則、詰め、隣り合う文字との余白を少なくします。
理由は、漢字に比べ、ひらがなやカタカナの余白が大きいためです。

漢字と並べた時に余白がある分、間延びしたように見えてしまいます。
特に、タイトルを書く際、短い文章を大きく表示する際に違和感が目立ってしまいがちですので注意が必要です。



記号は適度に詰める

忘れがちな記号も適度な感覚に詰めることで、よりプロっぽいデザインに仕上がります。
、・「」。といった記号はひらがな・カタカナ同様に横に余白が生じてしまいますので文字間の調整が必要です。
タイトル、見出しで大きく扱う際、隙間があると特に悪目立ちしますので、全体のバランスを見ながら適切な余白に整えます。



助詞は一回り小さくする

文章にメリハリがないと感じた時の一つの対策として、助詞を一回り小さくするという方法があります。
助詞とは、「は」「が」のような、単独では使わない、他の語に付属し意味を付加したりする言葉のことです。
例えば、「今日は晴れ」という文章の場合「は」が助詞となりますので、その他の文字よりも少し小さくすると抑揚をつけることができます。

この時、小さくした助詞は左揃えの場合は下寄せ、中央揃えの場合は真ん中揃えにするのが定番です。
また、「ファイト」の「ァ」のような小さい文字についても助詞と同じように小さくすると、さらに美しい見た目に仕上がります。



括弧は一番細いフォントにするとスマートになる

括弧の取り扱いについてです。
雑誌、広告の大見出しを見るとよく分かりますが、括弧だけが細いことがほとんどです。
括弧に細いフォントを使用すると、スマートで上品な仕上がりになります。

この時、始まりと終わりの括弧のベースラインにも気をつけるとさらに見た目のクオリティを上げることが可能です。
また、括弧に細いフォントを使ってみていまいちだったり、あまり細くない場合には、Photoshopのツールを使って1pxの線で括弧を作るという方法もあります。



単位には少し小さいフォントを選ぶ

「○○円」といった単位を含む文字を普通に組んだ場合、数字の方が「円」より小さく見えていまいちな見た目になってしまいます。
単位の入った文字列では、単位の箇所のフォントサイズを約1/2から2/3に抑えると、見やすくバランスのいい文字列になります。
この時、ベースラインがずれないように他の文字と合わせて調整が必要です。

逆に、数字だけを極端に大きくして強調するということも可能です。
スーパーの広告が参考になりますので、一度見てみましょう。



文字をゆがめない

文字が読みにくくなる原因の一つが、文字がゆがんでいることです。
はっきりとした書体であっても、横や縦に伸ばして本来の縦横比を崩してしまうと読みにくくなってしまいます。

もちろん、見た目の良さにおいてもゆがんでいない文字のほうが美しいのは当然です。
文字のサイズを変える際に、縦横比を保ったままにしないと文字がゆがみますので注意が必要です。



英文、和欧混植の文章ではフォントに注意する


日本語文章の中に英文を使う場合には、フォントに気を配る必要があります。
メイリオ、ヒラギノ角ゴといった定番フォントにおいては和欧混植しても美しく見えるようにデザインしてありますが、中には英文を書くと可読性が悪くなるフォントがありますので、面倒ではありますが英文部分のみ欧文フォントを使うのがベターです。

和欧混植に向く日本語フォントである場合にも、英文は欧文フォントのほうが美しく仕上がります。
日本語フォントと欧文フォントを組み合わせる場合には、雰囲気・サイズ・大きさが似ているデザインのフォントを選ぶと違和感のない見た目になります。



全角、半角をしっかり区別する

基本的なことですが、案外見落としてしまうのが全角、半角の区別です。
特に、数字・英語・記号・カタカナを使う際に、表記がばらばらになっているということは少なくないので注意が必要です。

全角、半角どちらを使うか予め決めた上で、表記を統一する必要があります。
ちょっとしたことではありますが、表記を揃えると格段に見た目も良くなり、可読性も上がります。



ホワイトスペースに考慮する

文字と文字の前後だけでなく、文章の余白にも注意をすることが重要です。
文字の余白であるホワイトスペースの取り方にはある程度ルールがあり、字間の余白は行間より狭く、行間の余白は段落の間よりも狭い必要があります。
これさえ守れば、きちんとしたホワイトスペースを確保することが出来、読みにくい文章になってしまうことを防ぐことができます。

長野市ホームページ制作・WEB制作ならアプリコットデザイン
WEBサイトをはじめ各種グラフィックデザインも対応しています★

株式会社アプリコットデザイン

[長野オフィス]
長野県長野市中御所岡田町126−4 総合設計社ビル1F
TEL.026-217-2184

[松本オフィス]
〒399-0036 長野県松本市村井町南4-12-26
TEL.0263-87-7486

SEARCH

  • デザインで全ての人を幸せに
  • ブランド戦略型WEBサイト
  • タブロイド紙作ります
  • 開業・企業パック
  • ブランディング
  • 信州ファーム
  • アプリコットマグ

AREA

対応エリア

長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、小海町、川上村、南牧村、南相木村、北相木村、佐久穂町、軽井沢町、御代田町、立科町、青木村、長和町、下諏訪町、富士見町、原村、辰野町、箕輪町、飯島町、南箕輪村、中川村、宮田村、松川町、高森町、阿南町、阿智村、平谷村、根羽村、下條村、売木村、天龍村、泰阜村、喬木村、豊丘村、大鹿村、上松町、南木曽町、木祖村、王滝村、大桑村、木曽町、麻績村、生坂村、山形村、朝日村、筑北村、池田町、松川村、白馬村、小谷村、坂城町、小布施町、高山村、山ノ内町、木島平村、木島平村、信濃町、小川村、飯綱町、栄村など長野県内全域

北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄まで全国

TOPICSトピックス

TOPICSトピックス

PICK UPピックアップ

CONTACTお問合せ

デザインで人々を幸せにしたい。
デザインにはその力があります。I want to make people happy by design.
Design has that power.

デザインが全てだとは決して思いません。
デザインの良し悪しだけで、ビジネスが左右されるとも思っていません。
だけど、デザインの力はとても大きいことも知っています。
私たちが考える良いデザインとは、お客様の伝えたい想いを
より的確に、効果的に表現する手段だと考えます。
伝えたい想いは、間違った伝え方をしてしまうと伝わりません。
また、人を惹きつけるデザインでないと見てもらうことすら困難です。
私たちは日々努力を重ね、今日もそれらデザインに磨きをかけています。
そして制作する過程において、デザインを作ることよりも、お客様の伝えたい想いを
汲み取る事の方が制作するよりも重要だと考えます。
それらの結果、見た目も効果も併せ持った、優れたデザインとなります。
優れたデザインはビジネスの成長を促し、収益をもたらします。
私たちは、デザインを通して、一人でも多くの人を幸せにしたいと考えます。
デザインには人を幸せにする力があると信じています。

アプリコットの想いアプリコットの想い